つみき

強度の高い家が欲しいならサカエ建設に依頼するべし

伝統技術で良い木の家を

建築現場

家を建てる際、実際に現場で作業をしてくれるのは大工さんです。その大工の中には、「宮大工」と呼ばれる人たちが存在します。宮大工というのは、神社やお寺などを立てたり、修繕したりする大工のことです。そのため、日本の伝統的な建築技法や木の扱いに関して、高い技術と専門知識を持っています。言うなれば、木造建築のスペシャリストなのです。ですから、木を使っていい家を建てたいと思ったら、宮大工に依頼するのが安心です。中には本当に寺社建築しかしないという宮大工もいますが、大抵は、依頼をすれば一般の住宅も手掛けてくれます。まずは、インターネットなどで、近くで依頼できる宮大工がいるかどうか探しましょう。検索サイトで、宮大工を使っている工務店や建築会社を探すのが、一番確実で手っ取り早い方法です。また、宮大工の技術について分かりやすく解説していたり、実際に宮大工が建てた家の事例を紹介している会社もありますから、それも参考にすると決めやすいです。そして、実際に依頼する際の費用ですが、これは一般の大工の場合とあまり変わりはありません。ただ、質の良い木造建築は、その分材料費や手間が必要となるのも事実です。そのあたりは事前に工務店などに確認して、きちんと見積もりを取ってもらうようにしましょう。また、伝統的な手法で建てる家は、どうしても工期が長くなります。ですから、依頼する際は、それを理解した上で、十分に余裕を持って計画を立てるのが正解です。